地デジアンテナの設置工事を業者に依頼する場合、気になるのは費用の相場です。

アンテナを設置する事が多いのは新築を建てた場合や引っ越した場合など支出が重なる場合が多いので、なるべく費用を抑えたいところ。

とはいえ一生で何回もアンテナ工事を経験するものでもないので、費用の相場がわからない方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで地デジアンテナの設置を業者に依頼した場合にかかる費用の相場をまとめました。

費用の詳細から、あなたが実際に工事を依頼する場合どれ位の金額を見ておくといいのかを解説します。

地デジアンテナ工事の費用相場

地デジアンテナの工事を業者に依頼すると15,000円~40,000円位料金がかかります。

ホームページにもっと安い金額を記載している業者も中には有りますが、その金額は最低限ですんだ場合の金額で有ることが多く、アンテナ工事をする場合ほとんどの方は最低限の金額ではすみません。

アンテナ工事の金額は設置する地デジアンテナの種類、テレビを視聴する部屋数、テレビアンテナ以外の備品などアンテナの設置をする方の環境に大きく依存しますので、具体的な費用の詳細を解説します。

 

地デジアンテナ工事の費用の詳細

地デジアンテナの工事を業者に依頼する場合、

  1. 地デジアンテナ設置工事
  2. ブースター設置工事
  3. 分配工事

などを行います。そしてほとんどの方は地デジアンテナを新規で設置する場合、ブースター設置工事、分配工事も同時に行います。

それぞれどのような工事なのか、また金額の相場を見ていきましょう。

 

地デジアンテナ本体の設置工事の相場

地デジアンテナ本体の設置工事の費用には、地デジアンテナ本体の料金・取付金具など・工賃などが含まれます。

地デジアンテナ本体は大きく分けて2種類あります。

  • 八木式アンテナ:魚の骨のような形をしたアンテナです。アンテナと聞いて多くの方が真っ先にイメージするのはこのアンテナだと思います。
  • デザインアンテナ:八木式アンテナと比べてデザイン性が優れたアンテナです。

八木式アンテナでみると、販売しているメーカーや素子数などで金額が変わってきます。

素子数はアンテナの感度を表していて、住んでいる地域が電波が弱い場合は素子数が高いアンテナが必要になるのですが金額も若干高くなります。

またデザインアンテナは八木アンテナと比べて5,000円位高くなります。

通販などで購入した場合、八木アンテナは3,000円~、デザインアンテナ6,000円~で購入できますが、アンテナ工事業者の場合は、八木アンテナで15,000円前後、デザインアンテナで20,000円前後が相場になってきます。

 

ブースターの設置工事の費用の相場

ブースターはテレビ信号を増幅する時に設置します。

テレビの電波が弱い地域や、近くに高い建物などが建っていて電波が受信しづらい環境に住んでいる方がアンテナを設置する場合や、複数の部屋でテレビを試聴する場合などにブースターが必要になってきます。

上記のような環境でブースターを設置しないとテレビの映りが悪くなったり映らないことも。

そのためテレビアンテナを新規で工事する場合、ほとんどの方は同時にブースターの設置も必須になってきます。

ブースターは地デジ専用、BS/CS対応などで値段が変わってきますが、安いものだと通販で5,000円前後で販売しています。

一方アンテナ工事業者に以来した場合の相場は、工賃込みで15,000円~25,000円が相場です。

ブースターの価格設定はアンテナ工事業者で差が大きく、アンテナ本体とのセットでブースターの料金を安めに設定している業者や、アンテナ本体の料金を安めに設定してブースター料金が高めに設定されている業者などがあるので、アンテナ本体との価格とのトータルで見ていきたいところです。

 

分配工事の費用の相場

複数の部屋でテレビを視聴する際は分配器というものを取り付けます。

分配器は通販では数百円~で購入できます。

アンテナ工事業者に分配工事を依頼する場合、4,000円前後×分配数が相場になってきます。

 

その他

他にも様々な場面で料金は変わってきます。

アンテナの設置場所によっても料金が変わりますし、ケーブル何mからは追加料金、また3階以上は高所作業料などアンテナ工事業者によって様々な料金設定がされています。

例として既存アンテアの処分代で見ると、新規アンテナ工事とのセットで無料で行ってくれる業者もあれば処分代で5,000円かかる業者もあるので、同じ業者に依頼したとしても設置する方の環境により金額に大きな差が出てきます。

 

地デジアンテナ工事の費用の詳細のまとめ

①地デジアンテナ本体取り付け工事 15,000円~20,000円
②ブースター設置工事 15,000円~25,000円
③分配工事 4,000円~
④その他 状況による

上記の表を元に計算していただくとあなたの環境に基づいた地デジアンテナ工事の費用の相場がわかります。

例えば二階建ての家に地デジアンテナを設置して、リビング、寝室、子供部屋でテレビを視聴する場合は

①アンテナ本体(八木式アンテナ)15,000円+②ブースター15,000円+③三分配工事+8,000円=38,000円前後が相場になってきます。

 

地デジアンテナ工事で損をしないためには?

相場はあくまでも目安で、地デジアンテナ工事の場合、地域によっても価格差が生まれてきます。

というのも複数アンテナ工事業者がある地域では価格競争が起きて市場全体の料金が安くなっていく傾向もあるので、相場より安いからと安直に依頼してしまうと損をしている場合もあります。

損をしないで地デジアンテナの工事をするポイントをいくつかご紹介します。

複数の業者で見積もりを取る

アンテナ工事業者の経験や教育によりますが水準が高い業者なら問い合わせの段階で住んでいる地域、住宅環境、設置希望場所などを考慮してある程度具体的な金額を提示してくれます。

ただし地デジアンテナ工事で損をしないためには、問い合わせから一歩進んで見積もりをとる、さらに複数の業者で見積もりを取って納得の行く金額を提示してきた業者に依頼するのがおすすめです。

パラボラアンテナは地デジアンテナとセットで工事した方が特

BS放送やスカパー!など衛星放送の視聴には地デジアンテナではなくパラボラアンテナというのが必要です。

パラボラアンテナの設置工事は、地デジアンテナと別々に工事をするよりとセットで工事をしたほうが安い料金設定になっているアンテナ工事業者が多く見られます。

将来的に衛星放送の視聴も考えている方は、地デジアンテナの設置工事と一緒にパラボラアンテナを設置するか十分に検討してみてください。

 

まとめ

地デジアンテナ工事の費用の相場ははっきりとした金額はなかなか出しづらいですが、工事で損をしないためには複数の業者で見積もりを取るのが大切です。

時間がかかりますが、住んでいる地域を対応エリアにしている複数の業者に見積もりを取れば取るほど検討すれば満足できる工事ができるはずです。

おすすめの記事