テレビアンテナを設置する工事は、特別な資格は必要ありません。その為、自分でできるかと言えば答えはYesですが、それなりのスキルや知識が無ければ様々なリスクがあることも事実です。ここでは自分でテレビアンテナ設置を検討されている方に、詳細なやり方や注意点、設置方法を解説していきます。

このページで分かること
    • テレビアンテナ工事の全体図と詳細
    • 地デジアンテナをDIYで取り付けるやり方と注意点
    • BS/CSアンテナをDIYで取り付けるやり方と注意点
    • テレビアンテナ工事のオススメ業者

室内用のテレビアンテナは簡易版

まず初めてに、最も設置が簡易な室内用のテレビアンテナについて解説します。

このタイプの地デジアンテナは、室内の適当なところに置いて、テレビとケーブルで繋ぐだけの物です。設置用の特別な工事は一切必要ありませんので、設置方法をわざわざ説明する必要もない便利な商品です。

ただし、室内用アンテナは使える人が限られます。

室内用テレビアンテナは強電界専用

室内用のテレビアンテナは、そもそも簡易受信機であって、テレビ電波を確実に取れる事は一切保証していません。

通常、強電界域と呼ばれるテレビ電波の送信塔から半径約10kmの範囲内で、かつ送信塔との間に遮蔽物が無ければ視聴できると言われていますが、あくまでもテレビの視聴可否は保証されていない、簡易アンテナであることは理解した上で使う商品です。

では、ここからは一軒家に屋外用の本格的なテレビアンテナを自分で設置する方法について解説していきます。

テレビアンテナ工事とは?全体図と詳細

引用:DXアンテナ

テレビアンテナの設置には地デジ用のアンテナと、BS/CS放送用のアンテナの2種類があり、それぞれ設置方法が異なります。

地デジであれば東京スカイツリーや大阪生駒山などの電波塔から電波を受信します。BSであれば衛星から発信されている電波を受信できるよう場所や角度を考慮して設置していきますが、単にアンテナ本体以外に使用する部品が多い為、自分での設置には基礎的な工具を取り扱えるスキルと最低限の知識は必須です。

テレビアンテナを自分で設置する場合には、まず下記の条件を満たせているか確認してください。

  • DIY用の一般的な工具を持っている(インパクトやコーキング剤など)
  • それらの工具を取り扱うスキルがある
  • 屋根上や外壁など高所での作業経験がある
  • 落下によるケガのリスクを理解している
  • 設置したアンテナが万一倒壊・落下して隣家に被害を与えた場合の損害賠償リスクを理解している
  • 結果的にテレビが視聴できない状況に陥っても自己責任と割り切れる

上記の内、一つでも引っかかる部分があるようであれば、テレビアンテナを自分で設置することはオススメできません。その際は、素直にプロの業者にテレビアンテナ工事を依頼することをオススメします。

地デジアンテナを自分で設置する方法

まず、地デジアンテナを自分で設置するてじゅんを説明していきますが、工事に使用する各部品の詳細については下記ページをご覧ください。

事前準備1.電波状況の調査と設置場所の選定

地デジアンテナを設置する上でまず難関となるのが、自宅が本当に電波を取れるのかどうかを確認する方法です。プロの業者の場合、レベルチェッカーと言う専用の測定器を使用しますが、業務用のレベルチェッカーは5万円以上しますし、安いレベルチェッカーでは参考程度の数値しか得られない為、あまり役に立ちません。

レベルチェッカーが無い場合、送信塔との距離から大凡の電界域を推測した上で、近隣住宅の地デジアンテナの種類・向きを参考にするしかありません。あくまでもギャンブルのような方法で、電波測定をしない場合、上手く電波が取れずテレビが見られない可能性は十分あるという事は覚えておきましょう。

事前準備2.分配器の設置場所とケーブル引き込み口の確認

設置に取り掛かる前の確認として、まずは分配器がどこにあるか把握しておきましょう。一軒家の場合、新築でもハウスメーカー(工務店)が、室内のテレビ端子から分配器までの配線工事は済ませてあります。自分でテレビアンテナを設置する場合には、分配器まで繋ぐ形になります。

分配器は一般的にはお風呂場の天井裏に設置されているケースが多いのですが、建物によって異なりますので、詳細は自宅を建てたハウスメーカーに問い合わせるのが確実です。

また、テレビアンテナから伸びるケーブルを分配器の設置場所まで引き込むための引き込み口の場所も確認しておきましょう。それによって、テレビアンテナ本体の設置場所やケーブルの必要な長さが変わってきます。

ここまでが事前準備となります。

作業1.地デジアンテナの固定器具を設置

事前の確認を済ませて各種部品を用意したらいざ実作業です。まずは、予め設定した設置場所に土台となる固定器具を設置します。

屋根上であれば屋根馬、外壁や屋根裏であればサイドベース(壁面金具)をそれぞれ設置します。自分で設置する場合にオススメなのはサイドベースを使うやり方です。

屋根馬は屋根上に登って、屋根馬+アンテナマストを支線で固定する必要がありますが、サイドベースであればアンカーボルトを打ち込んだうえでビス止めだけですので、比較的施工が簡単です。ビスを打ち込む場所の素材によって、必要に応じてコーキング加工も施します。

作業2.アンテナ本体の固定と角度調整

土台の固定が完了したら、次にアンテナマストを土台に取り付けます。その上でアンテナマストにアンテナ本体を取り付けますが、下記のアプリを使いアンテナを向ける方向を調整して下さい。

八木式アンテナは、下記画像のような向きで設置します。


引用:総務省

デザインアンテナは、垂直に立てた形で平面の表側を送信塔の方角に向けます。

実際に電波が取れているかどうかの確認方法ですが、通常はレベルチェッカーを使います。ここではレベルチェッカーが無いことを前提に解説しますが、アンテナ本体を固定したら、アンテナケーブルをテレビ本体に一旦繋ぎましょう。

現在発売されているテレビの多くが、アンテナレベルを測る機能を持っているので、テレビ画面で受信状況を確認しながら作業を行うと確実です。※高所への上り下りが増えると危険ですので、2名以上での作業をオススメします。

また、この際必要に応じて混合器・分波器なども設置してしまいます。

作業3.ブースター設置とケーブルの取り回し

テレビ画面とアンテナ本体の接続をした上で、受信レベルが足りていないようであれば、ブースターの設置が必要です。ブースターは通常アンテナ直下に取り付けます。その際、アンテナ本体とブースターが近すぎると電波障害を起こす可能性がありますので、ブースターとアンテナ本体は1メートル以上は離して下さい。

ブースターが設置できたら、ケーブルを室内に引き込み、分配器へ接続します。以上で地デジアンテナ工事の設置は終わりです。

BS/CSアンテナを自分で設置する方法

では、続いてBS/CSアンテナの設置方法を説明していきますが、1点注意事項があります。

新BS4K8Kの一部チャンネルはブースター・分配器・ケーブル交換が必要
BS4K8K放送の全チャンネルを見たい場合、アンテナ本体・ブースター・分配器・分配器・ケーブル等の周辺機器全て4K8K対応の物を用意する必要がありますのでご注意下さい。
また、チューナーやテレビ本体も全て4K8K対応とする必要があります。

地デジとBS/CSの両方を新規に自分で設置する方ならば、予めすべての周辺機器を4K8K対応の物で揃えれば問題ありません。ただ、BSアンテナだけの新規設置の場合、4K8Kの全チャンネルを視聴するには既設のブースター・分配器等を丸ごと交換する必要がありますので、ご注意ください。

事前準備1.設置場所の選定

BS/CSアンテナは、地デジアンテナよりも角度調整がシビアです。方角は西南西、仰角は40~45度が基本となりますが、まずはアンテナを向ける方向に高層マンション等の遮蔽物が無いかを確認しておきます。また、アンテナケーブルをどうやって引き込むのかも想定の上で設置場所を決めましょう。

出典:サン電子

BSアンテナを自分で設置するなら レベルインジケーター付きがオススメ
これは、電源を入れるとLEDランプが点灯し、正しい方角に向けて電波をキャッチするとLEDが消灯する仕組みになっています。DIYが非常に楽になりますので、BSアンテナはレベルインジケーター付きのキットがオススメです。

作業1.土台金具・アンテナ本体の仮設置

BS/CSアンテナは、地デジアンテナとの同時設置であれば同じ場所に設置しましょう。BSアンテナ単体での設置ならば、ベランダが最も簡単に取り付け可能です。設置場所によって必要となる土台金具が異なります。

  • 屋根上  アンテナマストにBSアンテナを固定 屋根馬が土台
  • 外壁  サイドベースにアンテナマストを立ててBSアンテナを固定
  • ベランダ  ベランダに挟み込むBSアンテナのキットに付属の土台を設置

作業2.アンテナケ-ブルの引き込み・接続

土台にBS/CSアンテナ本体を仮止めしたら、角度調整の前にアンテナケーブルをテレビ本体まで繋ぎましょう。

  • 1部屋で視聴……薄型ケーブルでサッシの隙間を通すかエアコンダクトに穴あけ加工を施して繋ぐ。
  • 複数の部屋で視聴……地デジケーブルとまとめて分配器まで繋ぐ。必要に応じてブースターや混合器などを使う

1部屋だけでBS番組を見るならケーブルの取り回しは簡単です。一方、複数の部屋での視聴となると混合器が必要だったり、配線の取り回しが少々複雑になります。

テレビ本体に先に繋ぐのは、電波が取れているか確認する為。レベルインジケーターを使う場合も、テレビに繋ぐことで電源が取れます。

手順3.方角・仰角の最終調整

ケーブルをテレビに繋いだら角度調整です。

こちらのBSコンパスというアプリを参考に角度を調整していきましょう。細かく角度を変えていきながらレベルインジケーターをチェックして下さい。電波が取れたらLEDが消灯しますので、そのままズレないようしっかり固定します。

以上がBSアンテナの設置方法となります。

テレビアンテナを自分で設置するのはリスクが大きい

このようにテレビアンテナを自分で設置することは決して不可能ではありません。しかし、冒頭でも解説した通り、DIYには相応のリスクもあります。

プロの業者に頼むやり方と、自分でやるのと、金銭的なメリットは地デジ+BSのセットでも2万円程度しか変わりません。作業時間も慣れていない方の場合1日がかりでも終わらない可能性もあります。

テレビアンテナを自分で設置するのは、あくまでもリスクを承知の上で挑戦したいという方以外、基本的にはオススメできませんので、その点は予めご了承下さい。

おすすめの記事