アンテナの設置を業者に依頼する場合、ブースターを設置するかどうかで15,000円から30,000円位料金が変わってきます。

そのためアンテナだけ設置すればテレビが映ると思っている方などは、ブースターは本当に必要なのか、もしかしたら騙されているのでは無いかと不安に思う方も多くいらっしゃいます。

ですがアンテナを設置する場合はブースターも同時に設置したほうが無難です。

ここではBS/CSブースターの価格とブースターが必要になる場面などについてご紹介します。

BS/CSブースターの価格

BS/CSブースターは家電量販店や通販などで個人で購入することができます。

またアンテナ工事業者などに依頼して取り付けてもらうこともできます。

それぞれのブースターの価格を見ていきましょう。

個人でBS/CSブースターを購入する場合の価格

BS/CSブースターは、通販や家電量販店などで5,000円前後から購入することができます。

ブースターにはノイズをどれだけ抑えることが出来るか、受信したテレビの電波をどれだけ増幅することが出来るかなどのスペックの違いがあり、高性能な製品ほど価格が高くなります。

また自分でブースターを購入した場合、取付をする必要があります。ブースターの設置はそれほど難しい作業ではありませんが、それでも電源の確保などで工事が必要になる場合や配線の知識などが必要になってくるので、全く知識のない方はアンテナ工事業者などの専門家に依頼して設置してもらった方が無難です。

アンテナ工事業者に依頼してBS/CSブースターを取り付けでもらう場合の価格

BS/CSブースターを業者に以来して設置した場合の費用は、ブースター本体と工賃などが込みで15,000円前後からが相場です。

アンテナの取り付けと同時にブースターを設置すると、ブースターの設置料金が安くなる業者もあります。

またブースターには、地デジ用ブースター・BS/CSブースター・地デジ+BS/CSブースターなどがあります。

地デジ+BS/CSブースターの本体の価格は地デジ用ブースターと比べると若干高くなるので、業者に依頼する場合も地デジ用ブースターの設置に比べて地デジ+BS/CSブースターの設置料金は高くなる可能性があります。

ブースターの設置を依頼した場合、問い合わせでは地デジ用のブースターの料金を提示して工事の段階で地デジ+BS/CSブースターの設置料金を請求されるケースも有るようです。

業者に依頼する場合は、問い合わせの段階でどの用途のブースターの設置料金なのかもきっちりと確認しておきましょう。

ブースターが必要な場合

BS/CSブースターは、BS/CSアンテナが受信した電波を増幅する機器です。

アンテナが受信した電波はアンテナからテレビに届くまでに様々な原因で信号強度が低下しますが、ブースタを設置することで低下しても十分な信号をテレビが受信できるようになります。

そのためブースターを設置しなくても綺麗な映像が視聴できる環境なら、ブースターは必要ありません。

ですが、複数の部屋でテレビを視聴する場合や、アンテナとテレビの距離が長い時などはブースターの設置が必要になってきます。

複数の部屋でテレビで視聴をする時

リビングと寝室、子供部屋など複数の部屋でテレビで視聴をする場合、パラボラアンテナが受信した信号を途中で分配してそれぞれのテレビに届けます。

分配すると受信した信号が低下するので、低下を補うためにブースターが必要になります。

アンテナとテレビの距離が長い時

アンテナが受信した信号はケーブルを通るだけでも低下していきます。

そのためアンテナからテレビまでのケーブルが長ければ長いほど、信号の損失を補うためにブースターが必要になる可能性が高くなります。

ですがアンテナが受信した信号強度などによっても変わってくるので、何メートル以上でブースターが必要という絶対的な基準はありません。

アンテナは充分な信号を受信出来ているのに、テレビでは受信可能レベルの信号が受信できない時はブースターの設置で改善される可能性が高いです。

BS/CS用ブースターの設置を業者に依頼する場合の注意点

アンテナ工事を業者に依頼する場合、アンテナと同時にブースターを設置するかどうかで金額が大きく変わってきます。

アンテナの設置と同時にブースターの設置を業者に依頼する場合、設置するブースタが地デジのみのブースターなのかそれともBS/CSも対応しているブースターなのかを確認しておきましょう。

設置して貰ったブースターが地デジのみに対応しているブースターの場合、後々BS/CSブースターの設置が必要になるケースも出てきます。その際はまた工事料金がかかってしまうので二重に料金を支払うことになります。なので、BS/CSアンテナを設置する際はBS/CSに対応しているブースターなのかを必ず確認してください。

4K8K放送を視聴する場合は4K8Kに対応しているブースターが必要

2018年12月から放送が始まった新4K8K放送は、従来のパラボラアンテナやBS/CSブースターで視聴できるチャンネルと、4K8K放送に対応したパラボラアンテナやブースターでないと視聴できないチャンネルがあります。

そのため4K8K放送の全てのチャンネルを視聴する方は、4K8Kに対応したブースターが必要になってきます。

自分で購入して設置する場合は、4K8K対応と書かれている商品を選択するようにしてください。また業者に依頼する場合は、4K8Kに対応しているブースターを設置するのかを忘れずに確認しましょう。

まとめ

個人でBS/CSブースターを購入する場合 5,000円前後から
アンテナ工事業者にBS/CSブースターの設置を依頼する場合 15,000円前後から

BS/Cブースターは個人で購入して設置することもできますが、電源の確保などで工事が必要になる場合もありますので、知識が無い方はアンテナ工事業者などの専門家に依頼するのがおすすめです。

BS/CSブースターの設置をアンテナ工事業者に依頼する場合は、15,000円~30,000円前後が相場です。

アンテナと同時にブースターを設置するとブースターの設置料金が安くなる業者や、アンテナの設置料金は相場より高いけれどブースターの設置料金が相場より安い業者など業者の工事料金も様々です。そのためアンテナ工事業者に依頼する場合は複数の業者で見積もりをとって選ぶのが損をしないコツです。

おすすめの記事