地デジを視聴するには、地デジアンテナを設置してテレビの電波を受信するかケーブルテレビなどに加入してインターネットを介してテレビの電波を受信しないといけません。

それぞれにメリット・デメリットが有りどちらがおすすめかは人によって異なってきます。

そこで、地デジアンテナを設置する場合とケーブルテレビに加入する場合のコストの違いとメリット・デメリットについてまとめました。

どちらで地デジを視聴するか迷っている方は是非参考にしてみてください。

地デジアンテナの設置とケーブルテレビの加入のコストを比較

地デジアンテナを設置して地デジを見る場合とケーブルテレビに加入してテレビを見る場合の大きな違いはコストです。

それぞれの視聴方法のコストについて見ていきましょう。

地デジアンテナで地デジを見る場合の料金

地デジアンテナを設置して地デジを見る場合、最初の初期費用がかかりますが月々のランニングコストは基本的にはかかりません。

地デジアンテナ本体は安いものだと2,000円前後で購入できますが、アンテナの設置は素人では難しい作業になりますのでほとんどの方は業者に依頼するのをおすすめします。

業者に地デジアンテナの設置を依頼した場合の設置費用は、35,000円前後が相場です。

またアンテナを設置した場合、台風などによるアンテナの故障や寿命などで修理が必要になる場合があります。

アンテナ本体は故障していなくて設置角度のズレなどの修正なら数千円、アンテナ本体の交換が必要なら15,000円~ほど必要になります。

とはいえ地デジアンテナは、一度立ててしまえば災害などの影響がない限り15年~20年は利用できるので長い目で見ると費用を抑えることができます。

ケーブルテレビに加入して地デジを見る場合

ケーブルテレビで地デジを視聴する場合、毎月5,000円~10,000円前後の固定費が必要になります。また初期費用で工事費と契約事務手数料合計10,000円前後が発生します。

ケーブルテレビにも様々な業者があり、キャンペーンなども実施されているので必ず上記の金額になるわけではありませんが、地デジアンテナを設置する場合とくらべると月額料金に大きな差があります。

ケーブルテレビの料金には衛星放送チャンネルの視聴料金やインターネット、固定電話回線や業界大手のJ:COMでは格安SIM「J:COMモバイル」などの様々な料金が含まれています。また電力自由化に伴い毎月の電気代が割引になるプランも出ています。

それらのサービスを一括で利用する人では個別で契約するより安くなる場合もあるかもしれませんが、地デジの視聴のみができればいいという人にはとても割高な料金設定です。

 

地デジアンテナとケーブルテレビのメリット・デメリット

コスト面で見ると地デジアンテナを設置したほうが長い目で見ると費用を抑えることができますが、地デジアンテナとケーブルテレビには他にも様々な違いがあります。

地デジアンテナは自宅の外観を損ねる

地デジアンテナは一般的には屋根の上に八木アンテナという魚の骨のような形をしたアンテナを設置します。

そのため自宅の外観にこだわりがある方には非常に悩ましい部分になるかもしれません。

最近では自宅の外観に馴染む箱のような形をしたデザインアンテナが普及していますので外観を損なわずに地デジアンテナを設置することができますが、八木アンテナに比べると設置費用が5,000円~10,000円ほど高くなります。

一方ケーブルテレビは電柱からケーブルを引っ張るだけでテレビが視聴できるので、自宅の外観を損なわないで地デジが視聴できます。

ケーブルテレビは様々なチャンネルが視聴できる

ケーブルテレビに加入して地デジを見る場合、同時にBS/CSなどの視聴が出来るプランに加入するのが一般的です。またケーブルテレビでしか見ることが出来ないチャンネルも用意されています。

BS/CS放送には映画やスポーツ、韓流ドラマなど様々な番組に特化したチャンネルがあるので、自分が好きなチャンネルがプランに含まれている方には費用対効果が得られる可能性がぐっと高まります。

とはいえ地デジアンテナの設置で地デジを見る方が衛星放送を視聴できないわけではなく、衛星放送に対応したパラボラアンテナを設置すれば衛星放送を視聴することができます。

パラボラアンテナの設置は地デジアンテナと同時に設置すると60,000円前後が相場になっています。

 

まとめ

地デジを視聴する場合は、基本的には地デジアンテナを設置して地デジを視聴する方がトータルコストを抑えることが出来るのでおすすめです。

一方ケーブルテレビは様々なチャンネルを視聴できたり、インターネットや電話回線などの一括契約をした場合にトータルで見て安くなる可能性もありますので、一概にケーブルテレビがおすすめできないという事ではありません。

ですがほとんどの方がそれらのサービスを個別に検討していってそれぞれ自分にあったサービスを契約したほうが料金を抑えることが出来る可能性は高いです。

当サイトではそれらのサービスについては専門外ですので触れられませんが、地デジの視聴のみという部分にフォーカスした場合は地デジアンテナの設置をおすすめします。

おすすめの記事