2018年12月に始まった4K8K放送。

4K8K放送の全てのチャンネルを視聴するためには、4Kに対応したアンテナ工事が必要です。

そこでアンテナ工事業者に4Kアンテナの工事を依頼した場合の費用の相場についてまとめました。

4K8K放送に興味がある方はぜひご覧ください。

4Kアンテナ工事の費用

4K8Kアンテナの工事をアンテナ工事業者に依頼した場合の費用の相場は以下の通りです。

  • 4K8Kアンテナのみ:20,000円~30,000円
  • 地デジ(八木式)+4K8Kアンテナ30,000円~50,000円
  • 地デジ(デザインアンテナ)+4K8Kアンテナ35,000円~55,000円

上記はアンテナ本体と固定具や作業料込みの金額で、ブースターや分配工事などの金額は含まれていません。

4K8K対応ブースターの設置をアンテナ工事業者に依頼した場合の費用は上記の金額にプラス20,000円~が相場になっています。

ブースターはアンテナが受信した電波を増幅する機器で、複数の部屋でテレビを視聴する場合などに必要になってきます。

4K8K対応ブースターについては以下の記事でまとめていますのでそちらも参考にしてみてください。

 

4K放送を見るために必要なもの

すべての4K8K放送を見るためには、以下のものが必要です。

  • 4Kテレビ・4K対応テレビの場合は4Kチューナー
  • 4K対応BSアンテナ
  • 4K対応のテレビ端子・ケーブル・その他ブースター・分配器などを利用する場合は4K対応した機器

それぞれ詳しく解説していきます。

4K(対応)テレビ

アンテナなどを4K対応のものに交換しても、視聴するテレビが4Kに対応しているテレビでないと4Kの解像度で4K放送は視聴できません。

4Kに対応したテレビを用意する時に注意したいのが、市場では4Kテレビと4K対応テレビが出回っていることです。

4Kテレビは4Kチューナーが内蔵されていてそれ単体で4K放送の映像が視聴できるテレビ、4K対応テレビは4Kの映像を映すことができるが4K放送を視聴するためには別途4K対応チューナーが必要なテレビと定義されています。

4K対応テレビ
(1) 水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を有する表示デバイス(液晶パネル等)を搭載
(2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
(3) デジタルハイビジョン映像と4K映像信号を表示できる
(4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
(5) 59.94(≒60)Hz以上のフレームレートで表示が出来るを満たすテレビのこと。

4Kテレビ
上記の4K対応テレビの (1)~ (5) に加えて
(6) 4K放送をテレビ本体で受信可能(※2)
を満たすテレビのこと。

※2: ここでは、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)の内、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載していることを指します。

出典:総務省「よくある質問 2章 新4K8K衛星放送対応の受信機」

今から4Kに対応したテレビを用意する場合は、4Kチューナーが内蔵されているか注意して選択してください。

4Kチューナーが内蔵されたテレビでない場合は、外付け4Kチューナーを用意すれば4K放送を視聴することができます。

 

4K対応BSアンテナ

4K放送すべてのチャンネルを視聴するためには4Kに対応したBSアンテナを用意する必要があります。

従来のBSアンテナでは4K放送のすべてのチャンネルを視聴することができません。

今までのBS放送は「右旋円偏波」と呼ばれる方法で電波が届けられていました。

新たに始まった4K8K放送では「右旋円偏波」に加えて一部のチャンネルが「左旋円偏波」で電波が届けられるようになります。

右旋円偏波で放送されるチャンネル 左旋円偏波で放送されるチャンネル

従来のBSアンテナは「右旋円偏波」で届く電波しか対応していません。4K8K放送すべてのチャンネルを見るためには「右旋円偏波」に加えて「左旋円偏波」に対応したBSアンテナ(4K対応BSアンテナ)が必要です。

4K対応のテレビ端子・ケーブル・その他ブースター・分配器などを利用する場合は4K対応した機器

その他、壁のテレビ端子・アンテナからテレビ端子までを繋ぐ同軸ケーブルやテレビとテレビ端子を繋ぐケーブル、ブースターや分配器などの機器も、「左旋円偏波」で放送されるチャンネルを見るためには4Kに対応したものに交換が必要になる場合があります。

4K8K放送を見るために必要なもののまとめ

機器右旋円偏波で放送されるチャンネル左旋円偏波で放送されるチャンネル
テレビ4Kに対応したテレビが必要
チューナーが内蔵されていない場合は4Kチューナーが別途必要
アンテナ従来のBSアンテナで可4K対応アンテナが必要
その他
(ケーブル・ブースター・分配器など)
従来の機器で可4K対応のものが必要

 

4K8K対応アンテナの工事は必要か

現在BSアンテナをお持ちの方が全ての4K8K放送を視聴するためのアンテナ工事費用は、4Kアンテナ本体の工事で20,000円~30,000円、分配工事やブースターの設置をすると総額40,000円以上とそれなりの支出になります。

右旋円偏波で放送されるチャンネルは現在設置しているBSアンテナで受信できるので、左旋円偏波で放送されるチャンネルに視聴したい番組があるかどうかを吟味して、工事金額以上の価値があると感じるなら工事をしてみるのがいいかと思います。

新たにアンテナ工事を検討している方でBSアンテナの工事を検討している方は、4K対応アンテナを設置しておいたほうが無難です。

2019年3月現在、アンテナ工事業者の4Kアンテナ工事の費用は足並みが揃っているとは言い難い状況で、市場の需要とのバランスで工事費用を決定している利益優先のアンテナ工事業者もあります。

ですがBSアンテナの工事費用にプラス5,000円~10,000円ほどで4K対応アンテナを取りつけることができる、適正価格で工事を行っているアンテナ工事業者も探せば見つかります。

2018年12月に始まった新4K8K放送。

2018年11月の段階の市場調査では、4K放送を視聴したい方は全体の11%と盛り上がってはいません。

4K・8K 放送の視聴意向

出典:A-PAB「4K・8K市場調査結果まとめ」

このデータが表すように、現段階ではお世辞にも盛り上がっているとは言えない4K放送ですが、本格化していくのはおそらく東京オリンピックが開催される2020年以降です。

現段階では4K放送に興味がない方でも、4K放送が充実化していけば視聴したいコンテンツが出てくることもあるはずです。

前述しましたが一度BSアンテナを設置した後に新たに4K対応アンテナを設置すると、今までのBSアンテナの部材や部品が使えないため二重工事することになり、トータルの工事費用が高くなってしまいます。

そのため現在BSアンテナの工事を検討している方は、今後のことを考えると4K8K対応アンテナの工事をしておくのをおすすめします。

おすすめの記事