最近テレビや雑誌で取り上げられることも多いので4K放送に興味をお持ちの方も多いのですが、4K放送を視聴するためには4Kに対応したアンテナ工事をするなど何かしらしないと視聴できません。

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方は、何もしないでも地デジなどが視聴できるので同様に4K放送も何もせずに視聴できそうですが、現段階では集合住宅でも、4K放送を視聴するためには工事や部品の用意などが必要になる物件が大半です。

そこでマンションやアパートなどの集合住宅で4K放送を視聴する方法についてまとめました。

4K放送を視聴するために必要な器具と4Kアンテナの工事費用をご紹介します。

マンションやアパートなど集合住宅で4K放送を視聴するためには

集合住宅では、大家や管理会社が共同受信設備(地デジアンテナのみ・地デジアンテナとBSアンテナ)を用意している、もしくはケーブルテレビが利用できるように工事をしているため、ほとんどの物件で個人でアンテナなどを設置しないでも地デジ放送を視聴することはできます。

地デジアンテナしか設置されていない物件では、そのままでは衛星放送を視聴することはできず、大家や管理会社に頼んでBSアンテナを設置してもらうかケーブルテレビに対応してもらう、もしくは自分でBSアンテナを設置しないと衛星放送は視聴できません。

2018年12月から始まった4K8K放送は衛星放送になるため、地デジしか視聴できない(ケーブルテレビを利用しておらず、地デジアンテナを設置している)集合住宅では視聴することができません。

またBSアンテナが設置されている集合住宅でも、4K放送の一部のチャンネルは視聴できますが、全てのチャンネルを見るためには4Kに対応したアンテナを設置する必要があります。

集合住宅で4K8K放送を視聴する方法をまとめると以下のとおりです。

  • 現在共同アンテナでBS放送を視聴している⇒大家や管理会社にお願いして4K対応の工事をしてもらうか、個別にベランダなどに4Kアンテナを設置する
  • 現在ケーブルテレビでBS放送を視聴している⇒ケーブルテレビ会社に4K8K放送が視聴できるか確認する、視聴できない場合は個別にベランダなどに4Kアンテナを設置する
  • 現在個別でBSアンテナを設置してBS放送を視聴している⇒アンテナを4K対応のものと交換する

すでに4K8K対応工事が行われている集合住宅なら、4K(8K)に対応したテレビを用意すれば全ての4K8K放送が視聴できますが、4K放送は2018年12月から始まったため、まだほとんどの物件が4K対応のアンテナ工事は施されていないと思われます。

また4K放送の全てのチャンネルを見るためには、壁のアンテナ端子からケーブルまで4Kに対応した物を揃える必要があります。

なぜ今までのBSアンテナでは4K放送の全てのチャンネルが視聴できないの?

今までのBS放送は「右旋円偏波」と呼ばれる方法で電波が届けられていました。

新たに始まった4K8K放送では「右旋円偏波」で放送されるチャンネルに加えて、「左旋円偏波」で放送されるチャンネルがあります。

従来のBSアンテナでは「右旋円偏波」の電波しか受信できず、「左旋円偏波」の電波は受信することができません。

そのため、4K放送の全てのチャンネルを視聴するためには「右旋円偏波」と「左旋円偏波」に対応した4Kアンテナが必要になります。

4K放送のどのチャンネルが「右旋円偏波」「左旋円偏波」で放送されるかは以下のとおりです。

右旋円偏波で放送されるチャンネル 左旋円偏波で放送されるチャンネル

「右旋円偏波」で放送されるチャンネルは、今までのBSアンテナで視聴できますので、「左旋円偏波」で放送される4K放送のチャンネルを見ないのなら4K対応テレビ(チューナが内蔵されていない4Kテレビの場合はテレビに加えて外付け4Kチューナー)を用意すれば4K放送を楽しむことができます。

 

4K放送の全てのチャンネルを視聴するならその他の器具も4Kに対応した物が必要

4K放送の全てのチャンネルを視聴するためには「左旋円偏波」に対応したBSアンテナに加えて、壁の端子からケーブル、ブースター、分配器なども4Kに対応した物と交換が必要です。

これは「右旋円偏波」と「左旋円偏波」で受信した電波の周波数が違うためです。

「左旋円偏波」で受信した信号は「右旋円偏波」で受信した信号と比べて高い周波数に変換されて、受信機に届けられます。

そのため、壁の端子・ケーブル・ブースター・分配器などもその周波数に対応した物と交換しないと「左旋円偏波」で放送されるチャンネルを視聴出来ない場合があります。

 

テレビも4K(8K)対応のものが必要

4K放送は、アンテナや器具に加えて4Kに対応したテレビを用意しないと視聴することができません。(8K放送は8K対応のテレビが必要)

4Kテレビを用意する際に注意したいのが、4Kチューナーが内蔵されているかどうか。

4Kチューナーが内蔵されていない4Kテレビで4K放送を視聴するためには、別途外付け4Kチューナーが必用になります。

4Kチューナーが内蔵された4Kテレビは、4K放送が開始される2018年12月に合わせて、2018年の夏~秋にかけて販売が開始されました。

それ以前から4Kテレビは販売されていましたが、それらのテレビはあくまで4Kの解像度で映像が映るテレビであって、4K放送はそのテレビ単体では視聴できません。

すでに4Kテレビをお持ちの方は4Kチューナーが内蔵されているかチェックして、チューナーが内蔵されていない場合は外付けチューナーが必要になります。

これから4Kテレビの購入を予定している方は、安い4Kテレビだと4Kチューナーが内蔵されていない場合が多く、別途外付けチューナーが必要になるので、4Kチューナーが内蔵されているかに注意して購入してください。

 

4Kアンテナを工事する場合の費用

4Kアンテナをアンテナ工事会社などに依頼して設置する場合の費用は以下のとおりです。

  • 4K8Kアンテナのみ:20,000円~30,000円
  • 4K8Kアンテナ+4K対応ブースター:40,000円~60,000円

マンションやアパートなどの集合住宅なら、すでに地デジを視聴できる環境は整っていると思われるので、地デジアンテナが必要になるケースはまず無いと思います。

そのため4K8Kアンテナを設置すればいいのですが、アンテナを設置する場合はほとんどの方が同時にブースターが必用になってきます。

ブースターはアンテナが受信した信号を増幅する機器です。

一本のアンテナで受信した信号で複数のテレビを視聴する場合や、アンテナとテレビの距離が長い場合、アンテナが受信できる信号が弱い場合などにブースターは必要です。衛星放送は、雲や大雨などの影響で受信できる電波が弱まる可能性も高く、そのような場合もブースターが役に立ちます。

ブースターについては以下の記事でまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。

おすすめの記事